イベント情報・日中交流


『未来への道標』
〜日本と中国をつなぐ相互理解と民間交流〜
 国家間で揺れる歴史認識問題。それでもつきあっていく、人と個人。
 小泉首相の靖国神社参拝の前日に、日本と中国をつなぐ相互理解と民間交流について
 真剣に考えてみませんか。

 日時:2001年8月14日
 場所:国立オリンピック記念青少年センター
 入場料:無料

第T部「脱皮〜歴史認識における相互理解へ〜」

11:20〜12:20 本論 7カ国のパネリストによるパネルディスカッション
*パネリスト紹介(敬称略)
中国1/胡九龍(江西南昌人) 北京大学国際関係学部98級修士研究生
中国2/張翼飛(江西景徳鎮人) 清華大学機械工程学博士研究生3年
中国3/盛豊 復旦大学歴史地理研究所99級修士研究生
日本/村井寛志 東京大学大学院人文社会研究所博士課程
韓国/朴貞淑(パク・チョンスク) 明治大学商学部2年生
ドイツ/SANDRA HAEFELIN(サンドラ・へフェリン) 職業:ライター
ベトナム/LE SON UYEN(レ・ソン・ウェン) 東京大学経済学部4年生
シンガポール/GERALDINE CHIN(ジェラディン・チン) 東京大学工学部4年生
アメリカ/未定

=新しい歴史教科書(扶桑社)を各国の歴史教科書の記述、各人の歴史観と比較検証
しながら、国際的視点で「市民レベル」の歴史共有のあり方を探る=

【第T部企画責任者 青山学院大学国際政治経済学部4年 中澤利之】
E-mail:
tosshi@concerto.plala.or.jp  Phone: 090-2256-1134
日中学生会議についての詳細はhttp://www.platz.or.jp/JCSC/を御覧ください
-------------------------------------------------------------------------

第U部「新世紀に架ける橋〜現場から見た草の根交流」

14:35〜15:25 講演 
講演者:大森和夫さん
1940年生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。朝日新聞社(政治、編集委員)
を経て、1989年「国際交流研究所」を設立。中国の数々の大学、各地を訪問し、現在
中国・上海朝日文化商務培訓中心理事長。日本・国際交流研究所長。
(大森さんの活動内容は多岐にわたるので、全てをここで紹介することはできません)

15:50〜16:45 パネル討論
第U部パネリスト紹介(ここでは紙面上詳細は略)
@熊谷伸一郎さん 
活動内容:中国帰還者連絡会、「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」など

A吉嵜清巳さん
活動内容:日本シルバーボランティアズ(JSV:Japan Silver Volunteers)

B佐久間健一さん、松下真由美さん
佐久間健一さんは毎年交換留学生を取り国際交流に力を入れている
横浜国際女学院翠陵中学・高校の副校長であり、松下真由美さんは同学院が
提携を結んでいる上海市の第三女子中学に交換留学生として留学した中学3年生で
す。

C劉未
現日中学生会議メンバー。西安出身で、現在東京大学工学部3年生。
日中学生会議には2年前の日本開催の際に通訳として参加し、去年・今年と
実行委員として活躍しています。

=今後、日中関係において民間交流が重要なアクターとなると考え、
歴史認識問題などによるお互いの国に対するイメージの改善、
相互理解を促進させる民間交流のあり方を提案する=

*****終了後は来日中国人学生メンバー、パネリストや聴講者のみなさんとの交流会
なども予定していますので、お気軽にご参加ください*****

【第U部企画責任者(全体責任者) 
青山学院大学国際政治経済学部4年 太田真人】
E-mail:
hage93@hotmail.com  Phone:090-9320-7061
本シンポジウムについての詳しい趣旨などについては日中学生会議の事務所
日中文化交流財団03-3423-7798までお問い合わせください


「第17次静岡県青少年友好使節団」のご案内
 実施時期: 8月20日(月)〜25日(土)  5泊6日
 訪問都市: 中国・内モンゴル、北京
 募集人員: 50名(最少催行人員10名) 県内小・中・高校生、大学生、及び一般
 募集期間: 7月19日締切り
 問合:    静岡県日中友好協会まで jcfa-shz@nifty.com


2001 夏の黄土高原ワーキングツアー
 日程: 2001年7月26日(木)〜8月2日(木)
 費用: 一般=20万円、学生=19万円
      (国際航空運賃、中国国内での交通費/食費/宿泊費、ビザ取得手数料、
      GEN年会費ふくむ) ※中国国際航空利用 ※関西国際空港発着 
      ※成田空港発着の場合は14,000円(航空運賃の差額分)高くなります。 
      ※北京もしくは大同で合流ご希望の方はご相談ください。
 定員:30人
 申込み締切り: 6月26日(定員に達し次第締め切ります)
 問合・申し込み: 緑の地球ネットワーク  
      TEL. 06-6583-1719 FAX. 06-6583-1739 E-mail gentree@ma.kcom.ne.jp