使い方の説明
全体から検索 書道・篆刻 以下から検索

  ホーム/伝統文化/書道・篆刻

スポンサードリンク



熊一然書道篆刻 - 熊一然氏はは中国歴代の伝統書を深く掘りさげて臨書・研究した基礎をふまえて周・秦時代の大篆と小篆、漢代の隷書を専攻しました。
水墨画嘯氣堂/志村一隆 - Sumi-e Art Innovation : 現代の生活・部屋に飾れる水墨画を提案し、水、滲み、暈しなど水墨画を通した文化論も展開します。英語サイトも充実し、IT技術を使って、世界へ墨文化を発信しています。
:【篆刻専門店】雨人的篆刻 - 篆刻ギャラリー。遊印、雅印、落款印などはんこの制作販売。
中国書法学院 - 日本初めて純中国古典書道が学べる学校。中国の一流書家が来日しての直接指導、中国への研修旅行もあり。中国上海大学文学院の資格取得も可。
実用書道 - 実用書道とは、芸術書道とは違い、実際に生活の中でよく使う文章、文例を中心に学ぶので、覚えた技術がすぐに役立てることができます。
篆刻広場 - 自刻印を中心に篆刻広場をまとめました、篆刻の楽しさをご理解していただければ本望です。  
墨の歴史 - 墨の歴史を中国編日本編に分けて紹介。
藤田玉扇 書の世界 - 藤田玉扇の書の世界へようこそ!神霊書の世界(相談)で数々の奇跡体験を御覧になって下さい。
書道教室たくそう - お手本をダウンロードして書道を習おう。書の世界を気軽に楽しめるページです。
観峰館 - 主な収蔵品は、中国の清時代後期を中心とした、約2万点の書画資料です。
竹村天祐書道記念館 - 竹村天祐書道記念館へようこそ。秋田県立六郷高等学校(芸術科書道担当)の授業・部活動の生徒の作品や、私の作品などを展示します。
金子夕峰の書道作品集 - 書道は習字とは違い、うまく書くというより、自分のフォントを持つこと、自分特有の得意な書体を1つでも持つことだと思っています。
書道芸術入門講座★書と美の空間 - 誰でもわかりやすく楽しく書道芸術が学べる★望月鶴川の書道芸術入門講座★です。
書への誘い - 清代の書家が私かに相伝授したという「書法秘訣」に曰く。凡欲学書之人工夫分作三段。初要専一。次要広大。三要脱化。
上越教育大学 押木研究室 - 「書」に関する諸情報、「書写教育」に関する諸情報、作品展示室、「書」の関係のリンク集など。
Hojin: World of "Syo" - 書家・加藤豊仭さんの作品。
成田山書道美術館 - 収蔵の中心となるのは江戸末期から現代まで、余りにも現在に近いが故にとかく見過ごされ、埋もれがちな近代日本の書作品(資料)を広い視野から収蔵しております。
篆刻工房 - 「はんこ」としてではなく、「芸術」としての篆刻をより多くの皆様にご理解いただければと思います。
中国文化(書道) - 王羲之をはじめに、各時代の著名な書道家のお手本が見もの。篆刻家の作品もあります。
篆刻素材AOI - 和風壁紙、食べ物、民芸家具、古き良き時代の道具、タイトルの篆刻素材など、素材を、数多く提供させていただきます。
野ア書道教室 - 書家野崎俊江のホームページです。作品、門下生作品、授業風景、僕と私の奮戦記、行事と風景、おしらせ、掲示板、入門御案内など月に2〜3回更新しています。ぜひご覧くださいませ。
墨華書道会 - ようこそ墨華「ボッカ」のホームページへ。ゆっくりと見ていただきたいと思います。書道以外にもご自分のホームページを宣伝出来る場所やお遊びのコーナーもあります。
KOYO's gallery - 常設展示室、筆文字素材、書道カレンダークラブ、書道メーリンクリストなど。
五十嵐康子書道展 - 私の書道展をご覧いただき、ありがとうございます。今後も作品制作に励んでいきたいと思います。また、作品の入れ替えもしていきますので、ぜひご覧ください。
書法三顧亭 - 枝元南龍書作展、三顧亭書法展、書の教室書法三顧亭入会案内、三顧亭「書法芸術」購読案内など。
中嶋宏行 書の世界 - 一筆入魂、一度きり。「書」の筆運びには、そんな力強さがある。その線しかない、その形しかない、その色しかない、一気呵成に描く強さがある。
耕道書道會 - ようこそいらっしゃいました。こちらは書家切通 耕道(きりとおし こうどう)が主宰する「耕道書道會」のホームページです。
竹内利映作品集 - このページでは私の作品を展示しています。ぜひぜひ、作品に対するご感想、ご意見等、お寄せください。m(__)m
書の世界 - 書は自己表現の一つの芸術です。書道に関する話題を取り上げていきたいと思います。これから更に内容が増えていきますのでまたお越しください。

 
新規登録 - このカテゴリーに新しいホームページを登録します。